ホーム > ブログ記事 > 消しゴムはんこ > なぜCapule*の持ち手は丸いのか

なぜCapule*の持ち手は丸いのか

809 views

広報担当です。この冬は暖冬と言われてますが、ハハハナイスジョークと言いたくなるほど寒いですね。体調は崩されてませんでしょうか。

これはご注文いただいたはんこにお付けしている持ち手です。Capule* Worksでは持ち手の角や辺をしっかりと丸めているのですが、これにもちゃんと理由があるのです。ご存知でしたか?

 

理由1. 持ちやすいから捺しやすい

モノを持つときは角で持たず「面」で持ちますが、はんこは小さいものなので、指のどこかが角に当たったり、うっかり角で持ったりすることもあると思います。市販のゴム印は持ち手が角ばっているので、捺すときに角に当たってしまって「痛い!」経験をしたことありませんか?

そこで、角を丸めることで角に指が当たっても痛くないんです。そして、持っても痛くないはんこですから、どこにでも力を入れやすくなって捺しやすくなります。

 

理由2. 手触りがいい

なで回したくなるくらいスベスベしていて、手触りのいいCapule*の持ち手。角も含めて、全部を丁寧にやすりがけしています。マットな質感のものって、手触りがいいからスベスベしてしまいませんか? あの感覚に近いものがあります。

商品として出すときはエンボスしていますからどうしてもボコボコしますが、素の状態を触るととっても気持ちいいんですよ。これは広報担当の特権です。

手触りが良くて、自然と手になじむ。そんな持ち手に仕上げています。

 

理由3. 自分が気持ちいい

持ち手を作っている自分が気持ちがいい。実はこれが一番の理由かもしれません。
はんこ本体も含めて丸っこい、という見た目が気持ちいいし、持ち手の手触りも気持ちいい。だけど、作っている本人が実は一番気持ちがいいんです。

スベスベしてて丸っこい。「この手触りじゃなきゃダメだ」と何度も私は聞きました。良い意味で「こだわり」が出ているのでしょう。自分が納得のいくものだけを作り出しています。

 

おわりに

持ち手も含めて、すべてがハンドメイドなCapule*のはんこ。木材を買いに行って、切り出して、やすってやすってやすって……。ひとつ一つを手作業で行って、みなさまのお手元にお届けしています。お手元のはんこの持ち手を、よろしければ心ゆくまでなで回してご堪能ください。

 

持ち手

 

ランキングに参加中です。応援のポチッをしていただけると厄払いになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村


2016-01-14 | Posted in 消しゴムはんこNo Comments » 
コメント





コメント



関連記事